0779-65-8481

お見積りはコチラ
未分類

【デザイン制作時の著作権について】著作権はデザイナー側と発注側のどちらにあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、お客様から「車両ラッピングをデザインから依頼した場合、著作権はどちらが持つのか?」という質問を頂いたのでこの記事を書くことにしました。お客様らかのデータを頂く場合には何も問題ないのですが、デザインから制作を依頼する場合デザインを発注する側にとっても受注する側にとっても、大切なことです。あとで揉めたりすることが無いよう、曖昧なままにしておかないで著作権をしっかり確認した上で契約を結びましょう。

著作権とは何?

自分の考えや気持ちを作品として表現したものを「著作物」、著作物を創作した人を「著作者」、著作者に対して法律によって与えられる権利のことを「著作権」と言います。これは、著作者がつくった著作物の財産的な価値を、著作者に固有のものとして保護の対象としたものといえます。これらは著作権法に基づいています。

著作権はデザイナー側に発生する!

デザインの著作権はデザインが生まれた瞬間から、自動的にデザイナー及びデザイン会社に発生します。そのためホームページやチラシなどでデザインを二次使用したい場合にデータを有料になる場合があるのです。あらかじめその点は確認すると良いでしょう。依頼者はデザイナーとの取決めの範囲内の利用でよければ譲渡を受けずともデザインの所有、利用はできます。

まとめ

弊社でデザインから制作させていただく場合、著作権は林広告になりますがチラシやウェブ等で使用したい場合はデータをお客様にPDF形式にてアウトライン化されたデータをメールでお送りする事も可能です。使用料金は一切かかりませんのでご安心下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->