0779-65-8481

お見積りはコチラ
マメ知識

車に貼るステッカー・車両ラッピングはどれくらいの期間もつの?4年経過した車両の状態は?耐候性についてお応えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車両に貼ってあるロゴマークなどのステッカーや車体全体にフィルムを貼ってフルラッピングされているラッピングカーなど

車両ラッピングといってもさまざまですが、みなさんも一度は目にしたことが事がありますよね。

興味はあるけど、シールだから時間がたつと浮き上がってきたり剥がれたり、剥がしたときにあとは残らないのかなど心配な方のために車両に貼ってあるステッカーやフィルムの耐久性についてご説明します。

車両ラッピングは剥がれないの?

基本的に一度貼ってしまったステッカーやフィルムは剥がれることはありません。

車両ラッピングとは車体にフィルム(シールのようなもの)を貼って仕上げるものです。

シールだから剥がれたりはしないのか?と思う方もいると思います。

せっかく車両ラッピングしたのに、1年足らずで色がハゲて来たり剥がれてきては残念ですよね。

長期間使用するわけですから、雨・風・雪など高温、低温の過酷な環境状況にも左右されない耐久性が必要になってきます。

弊社が主に車両ラッピングに使用しているインクジェットフィルム材料はカーラッピングに適したARLON社のカーラッピングフィルムです。

このフィルムの特徴は、エアー抜きが容易で二次・三次曲面であっても貼る事が可能という優れたフィルムです。

だから初心者の方でも貼ることが可能でインクの密着性から貼り付け下地への接着性能等に関し、高い品質です。

耐用年数は~7年ですが7年経ったらすぐに剥がれるということではありません。

保管状況や使用状況により耐用年数は異なってきます。

そしてもう一つフィルムの耐用年数を延ばすものとして大事なものがラミネート加工です。

フィルムの上からラミネート加工が施されており、印刷物が傷つかないための保護や、印刷物の変色・劣化の原因となる紫外線から印刷物を守るため、

紫外線吸収剤(UVカット)を含んだフィルムや粘着剤を使用しているので、印刷物に紫外線が到達することを軽減する役割があり屋外で使用する場合でも安心なのです。

このラミネートも同じARLON社の車両ラッピングに最適なプレミアムキャストラミを使用しています。

ラッピング後4年経過した車両の様子

こちらの車両は施工から4年経過しているものです。青空駐車で紫外線や雨、風に当たる場所での保管です。

使用のフィルムは耐候性5年のものですが現在も色褪せもほぼなく、めくれもない状態です。

まとめ

ここでは耐久年数とその理由をご説明しました。一度貼ってしまったフィルムはめったな事がない限り剥がれることはないと言えます。

ですが車体を日頃から丁寧に扱えばフィルムが剥がれず長く持ちますので、それを心掛けると良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->